読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

id:bellboとカフェミーティング

myopenarchive.orgのDesignerであるid:bellboとカフェミーティングを行った。
2人ともフルタイムの仕事を一段落させ、彼のお気に入りのお店で、彼のMacBookに僕のE-mobileをつなげて約2時間集中討議。
彼にはこの数ヶ月間、寝る暇休む暇を惜しんでまで新デザインについて進めてもらっていた。
数々の問題が発生し、その都度メールでやりとりしていたのだが、いよいよの最後の段階まで来たのでその確認や意思疎通するといったのが主な目的。


CTOのid:de_sideがコードを書き、そこにデザインという息を吹き込むid:bellbo
今、プロジェクトは僕を含めた3人の有志で次のステップを踏み出そうとしている。


id:bellboについて触れるのは今回が初めてなワケだが、彼と一緒にプロジェクトを進めるのは今回が初めてではない。
約5年前、彼にウェブサイト構築を個人的に相談・依頼して以来の付き合いで、まぁ僕のワガママで一年程関係凍結の時期もあったが、彼なしではやっていけないことを痛感し、昨年秋に一生に一度のお願いとして再度のパートナーシップを依頼した。


彼が一緒でなければならない僕にとっての最大の理由は、改めて考えてみると大きく2つある。
勿論、誰もが推測する「彼のデザインが好き」だから。
元々彼に声を掛けたきっかけは、彼が手がけた1ページのウェブページを見て身震いし、脊髄反射的に「会いたい」メールをしたのが始まり。
何としても会って話したい、絶対に僕のプロジェクトのデザインを担当して欲しい、という片思いが実った時の嬉しさは恋愛のそれと似ている(勿論、id:bellboは男だ)。
但し(というか、やはり)彼のデザインに対する真摯な考え方は、打ち合わせていても僕の見地を超えていて、悪く言ってしまえば「彼に任せておけば問題ない」と信頼を言い訳についつい提案に頷いてしまう自分が情けなくなること度々で、その都度デザインについて色々勉強させて貰っている。


もう1つが、精神的支えとなってしまっていること。どちらかというと、こちらの比重が大きい。
何と言うか、いつの間にか人生の良きパートナー化していることに一時関係凍結時期に改めて認識した。
とにかく何かやるにしても、物足りないのだ。刺激だろうか、プレッシャーだろうか。彼なしのプロジェクトは魂が入らない、、そんな感覚を何度も覚えた。


どういうワケか、僕とid:bellboは凹凸の考え方、立場、役回りであることが多い。
というか絶対に凸凹コンビだ。
反対意見が多いにもかかわらず、目指すべきゴールを共有しているからだろうか、最終的にはとても良い結果を生み出して終わるミーティングがとても多い。
僕という人間は、視野が狭く、結構思い込んだことを真っ直ぐ進めがちなタイプなので、後ろか横で誰かが視界を広めるアドバイスをしてくれたり、快速で突っ走ろうとしている勢い余った馬の尻をピシリと叩いて軌道微調整せねばならぬところまできちんと立ち戻らせてくれる、こんなパートナーが必要不可欠だと気づく(この年齢になってあまりにお恥ずかしい限りだが…)。


さて、id:bellboについて「どんな人だ」と興味を持たれた方もいらっしゃるかも知れないが、彼ははてなのサービスを利用していないし、ちょっとワケわかんないエントリになってしまって申し訳ないのだけれど、今日のところはお許し下さい。
彼を知って欲しい、という想いよりは、こんなパートナーと一緒にプロジェクトを進めることができる自分が幸せだ、ということを書き残したい、という僕のワガママで書かせて貰ってます。


えー、、業務連絡メールには書けない内容なんで、だけどこんなところで赤裸裸に想いを綴る(笑)。


今回のカフェミーティングも、多くの議題に意見が衝突しつつ、経過した時間を眺める頃には大渋滞を抜け出した様なスッキリさ。
勿論、彼にとっては作業山積みで、まだこれ以上作業に時間をかけてしまって申し訳ない気持ちも一杯で、店を出る時はメールの送信ボタンを押す前同様「いつもありがとう」の言葉しか出ないんだけれど…


Designerのid:bellbo、CTOのid:de_side
全く僕はパートナーに恵まれたヤツだよ。しっかり舟をしかるべき場所へ導き漕がねばこの信頼関係台無しだよ。


えー、、因に2人は未だ会ったことがありません。早く場を設けねばね。
も1つ因に情報…彼らの共通点は音楽好き、ってことかな。全く話しについていけてませんが、僕も音楽は好きなので、ビール飲みながら音楽の話もしたいね☆


来週はid:de_sideともカフェミーティングを予定。これもまた楽しみだ。:-)


最後に。実現可能な予告だから、もう大丈夫だろう。
新デザイン、間もなくです。
それまで彼ら2人にエールをよろしくお願いします。