読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ウェブ時代をこう生きてみたい、と叫んではや1年


2年前を振り返れる佐上(id:rairakku6)さんと、1年前を振り返る脇(id:Waki)さんに気づかされた。

2日前の10月28日という日は(2年前ですが)、わたしにとって特別の日でした。


2008-10-30 - rairakku6の日記

私が梅田望夫さんの「ウェブ時代をゆく」に感化され、ウェブ・リテラシー勉強会についての記事「ウェブ・リテラシーを身につける方法ver0.1」を書いたのは2007年12月1日でした。

そして、約1年が経過しました…


進捗のご報告 - My Image Ltd.


1年前の今日僕は「ウェブ時代をこう生きてみたい」と雄叫びのエントリを書き上げた日でありました。

「ウェブ時代をゆく」欲しい!


ウェブ時代をこう生きてみたい - 坂東慶太のブログ


既にamazonに予約済みであった僕は、サイン本を貰いたいという本来の目的をすっかり忘れ、エントリを書き終えた瞬間は、ブログを名刺にする何と良い機会を得たかと清々しい早朝を迎えたこと、鮮明に記憶しています。


ウェブ時代をどう生きたいかという考えや行動が1年経ってどう変化したか、エントリが形跡となり、今を振り返ることができる。

小さな子どもがいた、というのも理由にあるが、子どもと一緒に22時迄には寝てしまい、4時前後起床してサイトの更新を本業就業前まで行う。


僕がこれからやっていきたいのは、これまでのライフスタイルを変えずに、やっぱりウェブで何かをやっていきたい。


…早寝早起きして、ネットにどっぷり浸かって、それがとっても楽しい。


この声が、届く人には届いて、でも僕はそんな人々の感じる何かを気にすることなく、今日もまたいつも通りのウェブ活動をスタートさせます。


ウェブ時代をこう生きてみたい - 坂東慶太のブログ

成長していないだけなのか、考え方にブレがないと良心的に捉えていいのか、1年間を振り返っても今の考え方や行動は基本的に変わっていないような。。


僕の生命線は朝の時間の使い方だと思っていて、そういう点では梅田さんや近藤さんや金城さんなんかが良いお手本、ロールモデルになっているんだけれど、皆も大好きな村上さんの様に、闘う為の生活バランスとして走ることを追加し継続することが目下の企みであったりする。

僕は夜9時に寝て、朝4時か5時に起きて、3、4時間ほど書きます。早朝に起きて心の中の「地下室」までおりていくんです。そのあと、太陽のもとでジョギングをする。もう、25、6年走っている。


村上春樹に会いに行く - プレジデント

こんなセリフをサラリと言える25年後を妄想して。。


1年前迎えた早朝と同様、さぁ、今日もまたいつも通りのウェブ活動をスタートさせます。:-)