読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

献本御礼「学術コミュニケーションを破壊する Mendeley」

(タイトルの続き)てなエントリを書いてみたいので、誰か、こんな感じの本を執筆・出版・献本、よろーー。

f:id:keitabando:20111213093710g:image
学術コミュニケーションを破壊する Mendeley
作者: 未定
出版社/メーカー: 未定
発売日: 未定
メディア: 新書
購入: ?人 クリック: ?回
この商品を含むブログ (?件) を見る


はじめに
 100万人を超える研究者コミュニティと1億件を超える文献 Library が与えるインパク
第1部 学術コミュニケーションを破壊する Mendeley
 第1章 Mendeley とはどんな会社か、どんなサービスか
 第2章 Mendeley 創業者と仲間たち
 第3章 Mendeley が形成する研究者コミュニティと開発者コミュニティ
第2部 Mendeley で何が出来るのか
 第4章 文献管理
 第5章 論文執筆支援
 第6章 文献情報を共有できるグループ機能
 第7章 ノマドな研究環境とスタイルを提供
 第8章 Mendeley アドバイザーが推奨する活用法と裏技
第3部 ますます存在価値が高まる Mendeley
 第9章 シェア拡大
 第10章 オープンアクセスとともに拡大する Mendeley 圏
 第11章 API 開放により拡大する Mendeley 圏
 第12章 研究評価の新たな指標、Altmetrics という概念の中心に
第4部 日本では、どうか?
 第13章 CEO 初来日により過熱する Mendeley 人気
 第14章 日本語未対応による障壁はあるのか
第5部 方向転換を余儀なくされる出版社と図書館業界
 第15章 方向転換を余儀なくされる出版社と図書館業界
 第16章 著作権の死角はないか
 第17章 そして、Mendeley はどこへ向かうのか
巻末インタビュー
 Victor Henning, Co-Founder & CEO, Mendeley Ltd.
おわりに
 著者と Mendeley
参考文献
付録(Mendeley ステッカー)


でもって、僕は次(#altmetrics)行くので、あとはよろーー。