読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CERN Workshop on Innovations in Scholarly Communication (OAI7)にてポスター発表してきました #oai7

OAI7


IRs Gone Social: Then comes along Social iR (Poster)


ジュネーブ3泊、チューリッヒ1泊、リンダウ3泊の旅から無事生還しました。

*1となったCERN Workshop on Innovations in Scholarly Communication (OAI7)のポスターセッションに参加することが第一の目的でした。


で、どうだったか。
オースティンで開催されたOpen Repositories 2011 (OR11)参加*2に引き続き、大成功を確信。いやー、これまた楽しい出会いに恵まれました。


OR11では「これまでのMyOpenArchive」をまとめたのに対し、OAI7では「いま、そしてこれからのMyOpenArchive」をまとめてきました。*3
また、OR11のポスターは英文校正・英文校閲会社エディテージ 英文校正・英文校閲会社エディテージに完全サポートしてもらったのに対し、OAI7のポスターは、勿論エディテージからサポート頂いたものの、最終的なデザインは、まさかのジュネーブ同行*4を決意頂いた、MyOpenArchiveデザイン担当id:omoonに仕上げてもらいました。

.@MyOpenArchive's poster is displayed in the Uni Mail main hall. #oai7 http://picplz.com/dq0b


@、色んな意味でホントホントにありがとう!
僕もお礼にかっこいい写真貼ってあげます。
P1040543
↑デンマーク人とマジトークする、id:omoon


残念ながらジュネーブご一緒できず、代わりに?南国でお過ごしのMyOpenArchiveシステム担当@にも感謝。
Immaと、オースティンでは叶わなかった念願のツーショット。
had drink w/ Imma Subirats in front of her poster. #oai7


Facebookで仲良くしてくれてた陽気なルーマニア人Nicolaieたちと。
P1040398


ImmaとNicolaieとは、彼らのお友だちと僕のお友だちがとんでもない宴会を繰り広げてくれたのですが、それはまた後日エントリ或いはid:omoonのブログをお楽しみにということで。


ポスターセッションは二日目のランチタイム*5な筈だけど、初日からいっぱい人来てくれた。
P1040401
id:omoonP1060057.JPG


OpenDataやAlt-Metricsなど僕の関心ごとをいっぱいオンラインに振り撒いてくれる、僕にとっての「オープン」に関する大先生Cameronとも緊張のひと時。
P1040526



*1:IRs Gone Social: Then comes along Social iR #OAI7 - @keitabando のブログ IRs Gone Social: Then comes along Social iR #OAI7 - @keitabando のブログ

*2:Open Repositories 2011でポスター発表し、たくさんの友だちをつくってAustin, Texasから無事戻ってきました #OR11 - @keitabando のブログ Open Repositories 2011でポスター発表し、たくさんの友だちをつくってAustin, Texasから無事戻ってきました #OR11 - @keitabando のブログ

*3:[http://blog.myopenarchive.org/2011/05/07/introducing-the-past-now-and-future-of-myopenarchive-at-conferences-in-us-and-europe-or11-oai7/:title=Introducing the past, Now and Future of MyOpenArchive at Conferences in US and Europe. #OR11 #OAI7 | MyOpenArchive Blog]

*4:スイス行ってくる - A Small, Good Thing - diary スイス行ってくる - A Small, Good Thing - diary

*5:[https://indico.cern.ch/conferenceCFA.py?confId=103325:title=CERN workshop on Innovations in Scholarly Communication (OAI7) (22-24 June 2011)]