読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わいわい東京1周年記念祝賀会に参加した

思い起こせば、脊髄反射コメント*1がきっかけでした。

昨夕はsimpleAの金城さん(id:simpleA)にお誘いいただいて、楽しいおしゃべりの会に参加してきた。そもそもはサンフランシスコで2002年に立ち上がった集まりが、金城さんの帰国によって、海を越えて東京でも開催されるようになったというのがもっともはしょった故事来歴ということになる。

新宿のアイリッシュ・パブでビールを立ち飲みしながら、ハッピーな時間を過ごさせていただいた。会の成り立ち上、西海岸に関係がある人、アメリカにいた人が多かったが、そればかりではなく、金城さんの人柄にほだされた人、拉致されてしまった人などを含めて集まった人たちは多士済々で、お互い初対面の気負いや気後れは微塵もない。年齢層も幅広い。

ご興味のある方は、金城さんにお問い合わせになっては如何でしょうか。参加者が急増してしまったら、そのときは東京ドームに場所を移して実施する予定だそうです。


keitabandokeitabando 外から楽しそうなの眺めてるだけでなく参加したいなーと思わせるメンバと話題ですね。:-)

taknakayamataknakayama 将来、上京なさる機会とうまく合致することがあれば、ぜひ足を向けられるようお勧めします。


simpleAの金城さんに誘われて - 横浜逍遙亭

遠慮のない私はその後、金城さんにお会いし*2、更には中山さんにもお会い*3することになって現在に至る。
そのルーツは「わいわい」。


ということで、わいわい東京1周年記念祝賀会に参加せず名古屋へ戻ることはできません。
ただ、この夜の為だけにオープンアクセスな夜の後も名古屋へ帰らず東京へ居残り、わいわい初参加してきました。


前日のDay & Night、わいわい、週末の大分といい、この人が一番ヒマな方なんじゃないかと疑うけどそうじゃないらしい宴会部長。

ってなわけで、結局何が言いたいのかって言うと、「1周年記念ということで、総勢34名のヒマな方が来てくださいました。みなさんの物好きに、心から感謝してるよー。ブチュッ!これからも特におもてなしするわけでもないので、来れるときに、たまたま来たいと思ったら、来てみー。そんで、疲れたり、飽きたら、帰ればー」ってこと。


わいわい東京1周年記念祝賀会の開催報告 - simpleA@hatena

名古屋以来の酔っぱらい4コマ3次元ビキさん。

なんだあ、この世界は。

4コマじゃ到底描ききれない不思議な世界。


YYトンネル - 勢川びきのX記:4コマブログ

…と言いつつ酔っぱらっても必ず書き上げる4コマに日々脱帽。
そういえば、中山さんと初めてお会いした際に、今度は瀬川さんと金城さんを交えて呑みましょー、と約束した筈ですが、何と実現されていたことに今気づきました。

「オープンアクセスな夜」と「わいわい」の2夜連続チームは中山さんの他に、ココナッツさん*4、カニちゃん*5

残念だったのは噂のせるげーさんとご挨拶できなかったこと><
でもあの人がせるげーさんだよね、きっと、、米国人3人とすごい盛り上がっていた、あの人が。。

・冒頭幹事が不思議な三人組を連れてくる。どう見ても、八百屋/Jazzドラマー/アクションスタントマンの米国人ながら、実際は、植木屋さん/IT Engineer/英語の先生。


10月のわいわい一周年記念大会 by せるげー篇 - はてなに於けるsergejo

せるげーさん、最初の挨拶が「じゃ、またー」となってしまってスミマセンでしたー。

みなさんのエントリで話題のケーキ持参棋士:遠山さんともお会いできましたよ。

今回で1周年で、お祝いに皆自分の分のケーキを持参してください、とあったので予定より遅れ気味の中買って行ったらば…誰も持ってきてない?!いやはややられました。もうid:simpleAさんの事は信じません(笑。ウソです。)


遠山雄亮のファニースペース: わいわい東京

こども(小学校1年生)と毎晩指していることをお話すると、ニヤリ、と。( ̄ー ̄)

陽ちゃん(id:pho)、あれ、中山さんのエントリに「新婚カップル」って…もう公認??( ̄ー ̄)


そんな濃ぃーみなさんとお話する中、「坂東さーん、次は何処行くのー?」の質問に

来年は行けるかな、サンフランシスコ☆


elmikaminoelmikamino 行かなきゃ。
simpleAsimpleA 3月〜4月が一番天気がよかったよーな気がしますので、そこらへんの予定を空けておいてください。宿は、お友達の家を渡り歩きましょう。


Scribdよりお祝いのメッセージ届く - 坂東慶太のブログ

ということで「金城さんと三上さんとシリコンバレー企画進めています」と酔った勢いで回答。

酔っぱらい4コマ3次元ビキさんが「昼間は運転するぞー。夜は酔っぱらうんで運転お願いねー」
ケーキ持参棋士さんが「5月にしましょー」
宴会部長が「みんなで行くぞー」
と大盛り上がり。ヽ(´▽`)/


そんなワケで、わいわい東京は原点であるシリコンバレーへと向かうのであった(続く)。


ホンキなんだろうか、皆(汗)。
またもや遠山さんだけ一人騙されて(?)シリコンバレー計画しちゃわないか心配。。w


わいわいを起点とした不思議なネットワーク。そしてそこには意外なことにNIIも絡む。

中山さんと初めてお会いする直前には国立情報学研究所のセミナーに参加していた。*6
その国立情報学研究所で、講師としての僕と聴講者としての中山さんの再会到来。

また、春のセミナーで同じ空間を共有していたカニちゃんや佐藤さんとも巡り巡って再び国立情報学研究所のセミナーにて再会。
>カニちゃん
学術論文誌の今とこれから  - kany bookshelf
オープンアクセスな夜 - kany bookshelf
>佐藤さん
「研究成果発表の手段としての学術誌の将来」・・・SPARC JAPANセミナー2008に行ってきた - かたつむりは電子図書館の夢をみるか
SPARC Japan セミナー2008 「日本における最適なオープンアクセスとは何か?」で発表してきました - かたつむりは電子図書館の夢をみるか


そして、いつでもどこでもsimpleAの姿が。。

「わいわい」にはいつも貴重な出会いがある。


昨晩は「わいわい」一周年 - 横浜逍遙亭


今までお会いした方いっぱい、初めてお会いした方いっぱい。

金城さん、貴重な出会いをありがとう。お疲れ様でしたー。来年はシリコンバレー企画よろしくー。w

*1:[http://d.hatena.ne.jp/keitabando/20080422/1208870600:title=id:taknakayamaさんにお会いした - 坂東慶太のブログ]

*2:[http://d.hatena.ne.jp/simpleA/20080321/1206086942:title=坂東さんに会ってきた - simpleA@hatena]

*3:[http://d.hatena.ne.jp/taknakayama/20080423/p1:title=広がる学習機会 - 横浜逍遙亭]

*4:[http://d.hatena.ne.jp/green_summer/20081015/whoareyou:title=世間は狭いが世界は広い - ココナッツの日記]

*5:[http://d.hatena.ne.jp/kany1120/20081016/1224167365:title=わいわい1周年 - kany bookshelf]

*6:[http://d.hatena.ne.jp/keitabando/20080427/1209245286:title=第1回 SPARC Japan セミナー2008「研究成果発表の手段としての学術誌の将来」に参加した - 坂東慶太のブログ]