読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クローズネスト日本人キリスト教会を訪れ、夜はYoshi(➘)yoshi(➚)先生家族と中華料理を頂く

前回エントリ後、Yoshi(➘)yoshi(➚)先生がランチを料理してくれた。
水餃子と蒸しパン、それにさっぱりした葡萄のジュースだが、これを春の日差しと風を浴びながら、原生林の向こうに見える地平線眺めて食べるのは幸せというより他に言葉が見つからなかった。いいんだろうか、こんな贅沢な一時。
f:id:keitabando:20080907115813j:image

午後は日本人が多く集う教会へ、約1時間歩いて訪れた。
歩く。歩く。春の陽気が心地よい。大学のこと、研究のこと、色々なことで会話も弾む。
f:id:keitabando:20080907130902j:image

そしてやってきたのがCrows Nest Japanese Christian Churc。

View Larger Map

元々は板前さんをされていた方が牧師さんとしてこの教会を立ち上げられたということ。
到着した時にはもう既に始まっており、約50名程の日本人やオーストラリア人が集まっていた。
丁度、聖書朗読が始まったばかりで、しばし見慣れない聖書を膝に置きつつ、壇上で英語を日本語に翻訳する朗読に聞き入る。
日本人女性が(後から先生に聞いて分かったのだが)自ら作詞作曲した賛美「Now is Your Time」をピアノ演奏とともに大変美しい音色で謳ってくれて、ちょっと感動。

終了後のティータイムに誘われ、テーブルに一杯のお菓子が用意された部屋で、参加者やその家族(こどもがとても多くってビックリ)がわいわい談笑始める。誰かの誕生日らしく、お祝いのケーキが運ばれ、一同ハッピーバースディを合唱。
f:id:keitabando:20080907144731j:image

日本で大変なお仕事をされていて今は失業中の方や、つい最近18歳の彼女と結婚したばかりの22歳のオーストラリア人が流暢な日本語で話をしたり…
色々な方と出会い、色々なことを考えさせられた貴重な時間を過ごして、再び約1時間かけて歩いて帰宅する頃には日も沈みかけ、上着をはおらないと肌寒いシドニーの街並を撮影する。
点在する教会。
f:id:keitabando:20080907154040j:image
f:id:keitabando:20080907154235j:image
素敵な珈琲屋さんを羨ましく眺める。
f:id:keitabando:20080907154402j:image

帰宅後は、先生ご家族と一緒に中華料理を食べに出かける。
f:id:keitabando:20080907181716j:image
f:id:keitabando:20080907182800j:image
サービスの荒さはご愛嬌というところか。
青島というビールも一杯頂いたが、一杯にしておいて良かった。食べきれない、満腹という状態を久々に味わった。
先生の奥さんの奢りということらしい…ごちそうさまでした☆


2日目もしっかりと密度の濃い時間を過ごして、いよいよ始まる翌日からのリサーチに備え、未だうまく設定できないインターネット接続をすっかり諦めて早々にベッドへ。寝慣れない枕とか何とか言ってられない…疲れきった身体は、ぐっすり約8時間の睡眠へと闇の中へ放り出される。

今朝は先生おススメのピーナッツバターでパンをむしゃむしゃ食べる余裕があった、、聞き慣れない鳥の鳴き声を聞きながら。
さて、そろそろ3日目がスタートです。