読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

id:satzz幹事の「ハチロク世代第4回お食事会@関西支部」に参加して嫉妬した

ハチロク以外も歓迎。My Open Archiveのd:id:keitabandoがひょっとしたら来るかも。


ちょw2週間前だよw - satzz@1986 Public Privacy - ハチロク世代

id:satzzにお声掛け頂き、ハチロク世代の方々とお食事会してきました。

場所は、京都。京都と云えば町家。*1


View Larger Map

会場はこんなところです - satzz@1986 Public Privacy - ハチロク世代

参加者の顔ぶれはこちら。今日からはてなインターン参加というid:smlyさんid:suztomoさん、遅刻せずに出社できました?w

はてなインターンも二人参加ということで、結局技術系のノリになるのかな・・・?

id:satzz,id:yaotti,id:Sixeight,id:Lian,id:suztomo,id:smly,id:gintacat


いよいよ日曜なわけですが - satzz@1986 Public Privacy - ハチロク世代

おや、中西さん(id:gintacat)、ご無沙汰しています、こんなに早く再会できて嬉しいです。:-)


集合時間からしばらくは中西さん不在につき、自己紹介が始まった時点の7人の中では云うまでもなく私最年長、しかも飛っきり年齢差あり。w
現役学生さんに交じり、彼らの口から軽くポンポン飛び出す技術系ネタをビールのつまみにピザを頬張る。
f:id:keitabando:20080831183014j:image

Rubyはどーだ、Pythonはどーだ、Google Appsはどーだという技術ネタから、彼らが開発でかかわっているサービスのビジネスモデルについてあーだこーだ、と…
ちょwですね、、話題についていけないところもありましたよ。。
でも同時に、日本のウェブとか経済とかが、次に誰の手で動いていくのか、肌で感じましたよ。。


ハチロク世代と云えば、大学四回生前後になるワケですが、自分の大学四回生時代を振り返ったり比較したりするのは馬鹿馬鹿しいことだと悟りました。

素直に告白するならば、ハチロク世代の彼らに嫉妬した、とだけ述べておきましょう。


今回は数時間の滞在で会場を発たねばなりませんでしたが、個性豊かなプレゼンに自分が持ち合わせてない色々を新鮮な気持ちで学ぶことができました。
f:id:keitabando:20080831203459j:image
f:id:keitabando:20080831203918j:image
f:id:keitabando:20080831204214j:image
f:id:keitabando:20080831205640j:image
参加しておいて何もアウトプットできなかったことを悔やんで帰路に着いた感じです。


ここに集まった面々が、いずれは個性的なウェブサービスを展開され、起業されるかと思うと、今から楽しみで仕方ありません。
そういう時に、何らかのカタチでかかわっていくことが出来るよう、自分自身も彼らが持ち合わせない得意分野を磨いておかなければと勝手に思ってしまいました。


みなさん、参加させて頂き、ありがとうございました。
また懲りずに皆さんの成長っぷりを拝見しにお食事会参加したいと思いますのでよろしくお願いしますー。:-)

*1:[http://d.hatena.ne.jp/keitabando/20080724/1216900010:title=京都上洛、町家合宿 - 坂東慶太のブログ]