読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついでに、と、モッタイナイ、は相手に失礼かも知れないと遠慮してしまうとモッタイナイ

巷ではsimpleBと揶揄される、あまりsimpleではないBandoです。

Bと云えば、血液型はB型であります。

人間をたった4つに分類できるわけない!


生命保険 立ち上げ日誌: やっぱりB型

と思う派寄りですが、現実に人間は様々な側面でカテゴライズされます。
どこにも属さないぞ、とかなり抵抗力を持つ性格であること自覚してるのですが、血液型には逆らえません。
ハイ、所謂典型的なB型、だそうです(身内からの評判)。
自分の性格を100%理解してしまいそうで怖いので未だ読んでませんが、とても興味ある本です。

B型自分の説明書

B型自分の説明書

で、このB型、色々言われますうちの一つに「自己中心的」というのがあるそうです。
Googleに訊いてみましたが、医学的・科学的根拠に基づいたデータは時間切れで入手できませんでしたが、世間一般では割と多くそう言われているようです。

何が言いたい本日のエントリ、と書いてて本人苦笑いですが、ある意味この数ヶ月の行動を俯瞰して見ると、確かに「何て自己中心的なんだ」と認めざるを得ません。


id:simpleAさん
(春休みに帰省で静岡まで行くので、モッタイナイからついでにその勢いで東京まで行くので)お会いできませんかー*1

id:taknakayamaさん
(東京でとあるセミナーに参加するんだけど、それだけで日帰りしちゃうの交通費とってもモッタイナイのでついでに)お会いできませんかー*2

id:elmikaminoさん
(iSummit2008ってのが札幌で開催されるようで、これに参加するついでに時間余してモッタイナイので)お会いできませんかー*3


このカッコ内の台詞は、今思い起こせば「ついでに」「モッタイナイから」という考えがあったのだと完全否定はできない部分で、懺悔しても懺悔しきれません。

でも、こうした「ついでに」な想いが時として新たな発展に展開し得るというのもまた事実です。

訪問した目的とは別の作業も「ついでに」お願いされることで、そこから新しいビジネスが発展したわけですね。…
この「ついでに」を引き出すという姿勢は、何も御用聞き型のビジネスを展開していなくても応用可能ではないでしょうか。


シロクマ日報 > 「ついでに」ビジネス : ITmedia オルタナティブ・ブログ


そして予想以上のみなさんのおもてなし。その後の展開は今更ここに述べるまでもありません。
何だか不思議です、この受け入れられ感。何故に僕のような凡人を快く迎え入れてくれるのか、摩訶不思議。


一連の行動には、明確な目的が伴っているワケではないのかな、と思い起こします。
ただ、三上さんがおっしゃる嗅覚みたいなのは、もしかしたらあるのかなー、とぼんやり思います。

坂ちゃんは嗅覚鋭く数々のチャンスを逃さずに世界中、日本国中を蝶のように、ヤンマのように飛び回っている行動力溢れる人でもあるのです。


いざ北へ2008その13 坂ちゃんの情熱の行方 - 三上のブログ

もっと不思議な飛び方をする蝶*4もいるのですが、こんなに持ち上げられると穴に隠れたい気持ちです(笑)。


B型ついでに告白するならば、やはり典型的な亥年生まれでもあるのでしょうか。
一方的に、何かのついででイチカバチカの体当たり戦略。これ、simpleBandoの典型的な行動パターンかも知れません。
何しろ目標を立てたら、周囲のアドバイス皆無視して突進してしまう…これは亥に非はありません、誤解ないよう。。


そんな(どんな?)ワケで、再来週にブラキストン線を越える前に来週上洛することになりました。

この日記を読んでくださっている大半の方には説明不要ですが「My Open Archive」の坂東慶太さん(id:keitabando)が上洛されます。


7月22日(火)坂東慶太さん、上洛! - design,web,computer & others

大阪出張の指令が下ったその時、GTalk上でオンライン状態だった中西さんに、

id:gintacatさん
(大阪に出張するついでに、モッタイナイんで)お会いできませんかー

…と、言わない筈がない。w


みなさん、ごめんなさい、B型で亥年生まれな私をお許し下さい。
そして、みなさんの、心暖かいウェルカムなご対応に、心より感謝申し上げます。


ついでに、とか、モッタイナイ、とか、敢えて強調する必要ないんだけど、それでもやっぱり単純に逢いたい動機ってのが僕の中にはある筈なんです。でも、それを明確に表現できない。そんなモヤモヤしたカタチのないものに自己問答するより何より、後はどうなっても知らん!とにかく行ってしまえば何かが変わるかも知れない!と勢いに身を任せてしまっている非論理的な行動をお許し下さいっ。

…と、、ここまで自嘲気味に書くと、坂東は本当は何も考えてないんじゃないか、と思われそうで怖いです(笑)。
何考えているかは、お会いしたその日に触れてみて感じ取って下さい。そして教えて下さい。w



それでは、京都で、札幌で、横浜*5で、お会いできるのを楽しみにしております。:-)

*1:[http://d.hatena.ne.jp/keitabando/20080322/1206185561:title=id:simpleAさんと図書館退屈男さんにお会いした - 坂東慶太のブログ]

*2:[http://d.hatena.ne.jp/keitabando/20080422/1208870600:title=id:taknakayamaさんにお会いした - 坂東慶太のブログ]

*3:[http://d.hatena.ne.jp/keitabando/20080404/1207281543:title=iSummit2008に行くぞ!: -) - 坂東慶太のブログ]

*4:[http://d.hatena.ne.jp/elmikamino/20080507/1210161396:title=その蝶の名は - 三上のブログ]

*5:[http://d.hatena.ne.jp/taknakayama/20080518/p1:title=告:『シュンポシオン横浜』、12月開催です - 横浜逍遙亭]